2024年から新紙幣

紙幣のデザインを2024年度から発行されることが決まりました。

私たちが買い物をする際、よく目にしてきた千円札の肖像「野口英世」や、1万円札の「福沢諭吉」、 5千円札の「樋口ー葉」とは、2024 (令和6)年をさかいに、少しずつお別れとなります。

新しい肖像は、日本の資本主義の礎を築いた「渋沢栄一」を1万円札、女性教育を推進した「津田梅子」を5千円札、日本近代医学の先駆者である「北里柴三郎」を千円札にそれぞれ採用します。

新紙幣の裏面の図柄には、1万円が東京駅丸の内駅舎、5千円が藤の花、千円が葛飾北斎の浮世絵5「富嶽三十六景」(神奈川沖浪裏)を採用し、寸法は現紙幣から変更はありません。

現在の3紙幣は、2004 (平成16)年から発行され続けているものですので、20年ぶりに新しく生まれ変わることになります。

政府は21年度上期をめどに500円硬貨の素材や製造方法も改めると発表しており、2千円札は流通枚数が少ないため刷新を見送りました。

新券が発行されても旧紙幣が使えなくなるわけではありません。現金が入金された際など、少しずつ銀行で取り替えられていきます。

なぜ新しく発行するのか

その主な理由は、より高度な偽造防止対策と、触るだけで紙幣の額面がわかる議別マークの改良です。

現在の紙幣にも「すき入れ」という偽造防止対策がほどこされていますが、偽造する犯罪者の技術力も高まっているため、さらなる「従来より精度の高い、すき入れ」防止策を取り入れます。

「すき入れ」は、紙の厚さを変えることによって表現する偽造防止技術で、「すかし」とも言われます。日本のすき入れは、白すかしと黒すかしを組み合わせていて、濃淡の差を美しく表現できます。

お札に光をかざすと肖像が浮かび上がるしくみになっています。

他にも、最新の3次元(3D)技術によるホログラムを導入するします。

従来のホログラムは見る角度によって数字とマークが入れ替わるものだったが、今回の施されるホログラムは肖像が浮き上がって見え、右や左からのぞいても正面の顔が追いかけてくるように見えるものです。

「識別マーク」は紙幣のすみにあり、目の不自由な方が指で触って識別できるように、従来の凸凹より一層「深凹版印刷」によるマークを導入します。

また、「識別マーク」のほかに「1000」という数字もあり、目が不自由な人も紙幣の額面がわかるように新券では改良されます。

紙幣は日本銀行で発行されます

それぞれの紙幣は額面をはじめ、肖像やマークなどが異なりますが、いずれも「日本銀行券」という文字が印刷されています。

この「日本銀行券」とは、紙幣の正式名称で、そして「日本銀行(中央銀行)」とは、 紙幣を発行している銀行のことです。

紙幣の発行は海外でも同様で、中央銀行が発行しています。

ヨーロッパでは、EU(欧州連合)に加盟している国のうち、オーストリア、イタリア、フランス、ドイツ、スペインなど19か国(2019年9月現在)が、欧州中央銀行(European Central Bank、略称:ECB/欧州央銀)が発行する「ユーロ」を使用しています。

近隣諸国である中国では中国人民銀行が「人民元」を、韓国では韓国中央銀行が「ウォン」を、ロシアどではロシア連邦中央銀行が「ロシア・ルーブル」を発行しています。

アメリカには中央銀行はありません。アメリカの金融政策を決定し、銀行券にあたる「ドル」を発行しているのは、FRBアメリカ連邦準備制度理事会です。

他国の中銀行と同じ業務を行っていますが、異なる点は民間銀行であることです。