投資コンテンツ
  • HOME »
  • 投資コンテンツ »
  • 株の知識

株の知識

鉱工業生産指数は景気に敏感に反応する!

鉱工業生産指数とは 鉱工業製品(約500品目)を生産する国内の事業所における生産の状況等(数量・重量・金額等)を経済産業省が調査し、「鉱工業生産指数」として毎月月末に発表するものです。 鉱工業製品には、鉄鋼、一般機械、電 …

アメリカ感謝祭とブラックマンデーで米国経済はどう動く?!

感謝祭とは 「感謝祭」とはアメリカの一大祝日のひとつで、毎年11月の第4木曜日に行われ、多くの州は翌金曜日も祝日とし4連休となっています。 感謝祭がアメリカの祝日に決められたのは1863年、リンカーンの時代にさかのぼりま …

楽して儲けるなんて嘘?!投資は不労所得ではない!

投資と聞くと、不労所得という意味合いでとらえている方がいらっしゃいます。 自分もそのようなイメージを持ってましたが、実際に投資をしてみると、そんなことは全くありませんありませんでした。 そもそも不労所得とは 不労所得とは …

長期投資とは本来の投資方法なのかもしれない!

私は基本的には、短期投資のタイプで長期投資をするつもりはないのだが、知り合いに投資歴20年の短期投資と長期投資の両方をしている投資家がいて、その人の話を聞いていると「資金に余裕がでてきたら長期投資もありだな」と、感じさせ …

日本の景気判断は景気動向指数を活用しよう!

景気動向指数とは 景気動向指数は、産業、金融、労働など、経済に重要かつ景気に敏感な29項目の動きを統合することによって、 景気の現状把握及び将来予測に資するために作成された指標です。 景気動向指数には、コンポジット・イン …

景気の判断を簡単にチェックできる月例経済報告とは?!

月例経済報告等に関する関係閣僚会議 首相官邸(産経新聞社より) 月例経済報告とは 景気に関する政府の公式見解を示す報告書。 内閣府が景気動向指数に基づいて月次で取りまとめ毎月10日前後に発表される。経済財政政策担当大臣が …

日銀短観を活用して、経済の動向をチャック!

日銀短観 私たち個人投資家であれ、政府も民間のエコノミストも、今後日本経済の景気が良くなるのか、悪くなるのかを判断したいのは当たり前ことです。 通常は既に発表されている経済データを使って、それを判断をしなければなりません …

1本のローソク足で相場の未来が予想できる!?

1本のローソク足で相場が予想できる ローソク足は単体でも、そこから多くの情報を読み取ることができます。中でも、特徴的な足型(ローソク足の形)には個別の呼び名がつけられ、チャート上に出現するタイミングによっては、相場の流れ …

今後の相場の方向性を示唆する!日経平均ⅤIとは?!

投資をしている上で、一番気なる情報は相場の方向性だと思います。 今の相場が上昇トレンドなのか下落トレンドなのか、あるいは決まった範囲で株価が変動をするレンジ相場なのかといったトレンドを知らなければ相場に振り回されることに …

景気の先行きを示唆する長短金利逆転とは?

長短金利逆転 満期までの期間が長い債券の利回りの方が、短い債券の利回りよりも低くなることで、「逆イールド」ともいいます。 イールド・カーブとは 債券の利回り(金利)と償還期間との相関性を示したグラフで、横軸に償還までの期 …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 株式投資 副業 【人生設計術】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.