投資は腹八分目にしておこう

株式投資で絶対的な法則はありません。

絶対に勝つ法則がないということで、将来を予測することは困難です。

いくら予測しても、明日、何が起きるかわかりません。

ただ、勝つための秘訣はあります。それは、「腹八分目」を心がけることです。

ここで、株の格言を一つ紹介します。

頭としっぽはくれてやれ」という格言で、この「頭」と「しっぽ」とは、儲け損ねた利益のことを指しています。

底値で買い、天井で売り抜けるのは実際には不可能で、ベテランの投資かでもロボットでも底値と天井を見極めることは到底無理です。

わたしたちは、たくさん儲けたいあまり底値で株を買い、天井で売り抜けることに集中しがちで、長期の視点や時間的なゆとりがないがしろにされてしまいます。

このようになる理由として、わたしたちが合理的な判断よりも一定の満足を優先しがちになるからで、自身にとって満足できる売買を選択をすると考えられるのです。

満足を優先するとどうなるか

ここで考えたいのが、株価はなぜ上下するの?誰が株価を決めているの?

それは株価は需給のバランスによって決定します。買いたい人が多ければ上がり、売りたい人が多ければ下がります。

そこに先ほど説明した投資家の満足の優先が入ってきて、市場は変動します。

具体的には、合理性の低い投資家が現在バブル崩壊の根底と信じ込み、買いに入ったのはいいが、まだまだ下落した。また、株価がガンガン上昇しているため買いに入ったら天井であった場合。

合理性の高い投資家が、まだここは様子を見ておこうという場合。

この両者が市場に混在することにより、価格の変動が発生します。

このとき合理性の低い投資家は満足を優先してしまい、株価がガンガン上昇して、高値を更新している場合、「まだまだ株価は上昇するぞ」、「新しいトレンドが誕生した」などと信じ込み、冷静に行動しようという合理的な行動を維持しづらくなる可能性があります。

トレード中は常に腹八分目で行うことを念頭に置き、「頭としっぽはくれてやれ」と常に心がけていれば、相場で勝つ可能性が高くなります。

将来の予測する過程

ここで、わたしたちがどのように将来を予測するのか、その過程を考えてみたいと思います。

まず、わたしたちは今の株式市場の状況がどうなっているかを確認するはずです。

確認方法としては、日経平均株価(⇒日経平均株価とTOPIXを理解することで、日本経済の動きがわかる!を参考にしてください)を参考に、現在「上昇トレンド」なのか「下降トレンド」なのか、あるいは「レンジ(横ばい)」なのかをチャートで見極めるはずです。

その次に、多くの場合、「過去1ヶ月」、「過去半年」、「過去数年」といった具合に、過去から現在までのトレンドを捉えようとするでしょう。

それにプラスして投資に関する情報をかき集め予測しようのします。

将来を予測するといっても、わたしたちが使えるものは過去から現在の時点までの間の情報だけです。

また、わたしたちは将来の予測する過程で、ここに自身の思い込みが絡んできます。

投資において、わたしたちはさまざまな心理に左右されるということです。常に合理的な行動・選択をするとは限らないのです。

その心理状態を説明するのが、「行動ファイナンス理論」というものです。

これまでの伝統的ファイナンス理論では「人は利益の追求のため常に合理的に行動する」というのが前提で、人の感情や心理的バイアスは無視されていました。

一方、行動ファイナンス理論では、人間の心理状態や感情を考慮し「人間の非合理性」に着目した投資理論で、投資パフォーマンスにとても影響を与えます。

投資にバイアスが絡んでいる

「バイアス」とは直訳すると、傾向・先入観・偏見です。

このバイアスが、株式投資で失敗する原因であるといわれています。これから説明するバイアスが投資家の心理状態を作り上げていくです。

代表性バイアス

良いことが続けて起こるとまた良いことが起きると錯覚する心理状態です。

これまでの自分の経験と照らし合わせて直ぐに理解できない出来事に直面した際に、過去の経験をもとに何らかのパターン(良いこと)にあてはめて出来事を理解しようとします。

具体的に、「先週も日経平均株価は上がったから、今週も上がるだろう。だから当面間、株式市場は強気で推移するだろう」という予想をしてしまいます。

確証バイアス

確証バイアスとは、自分の都合の良いに情報を重視する一方、都合に悪い考情報は軽視する心理状態です。

具体的には、過去のチャートと情報を基にバックテスト(シミュレーション)を行い、日々、儲ける仕組みを開発しているとします。

ここで注意をしてもらいたいことは、過去のチャートと情報を基にバックテストをして儲かる仕組みができたとしても、それが将来において絶対に通用するとは言い切れないことです。

収益が上げられたパターンを開発できた場合、「このチャート形状を形成すれば、次は必ず株価は上がる」と、あたかも勝利した気分になり、儲かることばかり考えてしまいます。

その反対に、うまくでなかったパターンについては無視しがちです。

確証バイアスの結果、自分に都合の良いことだけ着目して、トレードをしてしまうのです。

信念バイアス

信念や感情の影響によって前提が間違っていることに気がつかない心理状態です。

結論・結果が妥当であれば、その議論や過程までも正しいと誤認してしまうことです。

具体的には、トレードで勝利した場合でも、なぜトレードに勝利したかが理解できないため、次のトレードに生かせないことです。

投資では「過程」の評価、つまり「どの様にして、こうなったから、勝利した」という過程も大切です。

以上のように、さまざまなバイアスが、わたしたちはのパフォーマンスに影響していることが分かります。

投資とは、いかに自分の心理状態と葛藤して行わなければならないということです。常に冷静の気持ちで投資に臨んでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする